アパート経営で大家さんになろう!不動産投資について

一括借上のあれこれ

一括借り上げを正しく理解する

30年一括借り上げという文字がでかでかと新聞に載っていることがあります。これは、新築マンションを購入して30年一括借り上げを利用することで、家賃を30年間は保証してくれるという意味です。投資家にとっては、空室が出ることで赤字になるため、保証会社がわざわざ30年も家賃を保証してくれるなんてありがたい話じゃないかと思い、あまり調べずに飛びついた人もいるかもしれません。 しかし、よく調べてみるとその家賃の額は変動していきます。例えば2年おきに家賃の改定を行い、建物の劣化に合わせて家賃の保証額を下げるというものです。劣化をしない建物なんてありませんので、ほぼ2年おきに家賃の保証額が下がっていくことで、気が付けば少しずつ投資家の首が締まっていくことになります。

タイミングは果たして正しいのか

30年一括借り上げを利用する場合は必ず損をするというわけではありません。利用の仕方とそのタイミングを考えるないと大赤字になってしまうということです。 例えば、30年一括借り上げを行う場合、周りのマンションを調べることが必要です。家賃を定額でずっと保証してくれるのでなければ、家賃が下がることで赤字になる可能性があるわけです。逆に言えば、早い段階で空室がなくなり、長期的にマンションに住んでくれる人が増えれば黒字にはなります。 つまり、同時期に周りにマンションが建ち始めると、競争率は激しくなるために空室が増えていくのです。事前に自分が購入を考えているマンションの前後に同じようなマンションが建たないかどうかを調べる必要があります。