アパート経営で大家さんになろう!不動産投資について

サブリース契約とは?

サブリース契約による業務軽減

近年流行している土地の運用の方法として、マンションやアパート等を賃貸経営するという方法があります。初期投資として大きな費用がかかるもののの、ある程度以上の借り手があることによって継続的に収入が得られることからローンの返済にも有利な方法として考えられています。 しかし、賃貸経営においてはその不動産の管理と空室対策がしばしば大きな課題となります、そのため、投資として行う際には一括借り上げを依頼して管理業務を委託してしまうということが広まっています。不動産管理を代行する業者や不動産会社に依頼してサブリース契約を結ぶことによって実現ができます。これにより、不動産管理から空室対策に至るまでほとんどの業務を任せてしまえるようになります。

一括借り上げが人気の理由

一括借り上げを依頼することによって管理業務に割く時間をなくしてしまうという方法が人気を高めています。これは、土地活用の方法として賃貸経営を行うという場合に、本業を既に有している人が多いためです。本業においてほとんどの時間を費やしていることから、管理業務や空室対策に割ける時間があまりなく、実質上賃貸経営を行うのが困難なことが多いのです。 その点において、一括借り上げをしてもらってしまえば業務負担が軽減されます。そして、毎月管理業者や不動産会社から賃料を受け取ることができるためある程度の収入を確保し続けることが可能なのです。多くのことを委託しているため手数料は大きなものとなりますが、一括借り上げを依頼することで本業に支障を出さずに賃貸経営が可能になるのです。